スペクトラム 出版社 ホーム   >  私の中のすべての色たち - 解離について最初に出会う本   >  推薦文
著者        監訳・翻訳        推薦文
『私の中のすべての色たち』はカラフルなイラストでまとめられたすてきで比喩的なお話です。トラウマをかかえた子どもたちの解離について、親しみやすく惹きつけるように上手に描いていきます。本書は、まさにこの分野の宝であり、子どもたちが心の中の経験を表出できるようにするために大きく貢献するでしょう。
フランシス・S. ウォーターズ
DCSW 元国際トラウマ解離学会会長

ゴメスさんとポールセンさんによる本書は、悲劇的な出来事によって解離の経験をしている子どもたちに向けて、イラストを用い、平易・明解なさまざまなアドバイスを提供しつつ、かけらの解離を確認・理解して支援し、解離への反応を「正常化」させるようにします。本書は、トラウマの研究と治療に多大なインパクトをもたらすと確信しています。(原書裏表紙より抄訳抜粋)
A. スティーヴン・フランクル博士
前国際国際トラウマ解離学会会長
南カリフォルニア大学心理学教授