スペクトラム 出版社 ホーム   >  アスペルガーの偉人たち   >  内容
この本では歴史上すばらしい業績を残した20人の偉人のプロフィールを紹介しています。それぞれの地位や職業はさまざまで、スペイン国王もいれば、アメリカ大統領もいます。画家、音楽家、作家は3人ずつ、哲学者は2人。慈善事業家が1人います。残りの6人は科学者で、物理学者3人、数学者2人、生物学者が1人となっています。ざっと見ただけでは、これらの人々のあいだにはほとんど共通点がないように思われますが、アスペルガー症候群として知られる、穏やかな形態の自閉症にかかわる奇癖に注目すると、類似点がかなり多いことがわかります。現在、これほどまでにアスペルガー症候群への興味が高まってきた理由は、こうした性癖の一部は、たとえ奥に隠れていて露見しにくいとはいえ、私たちの誰にでもあるからではないでしょうか。(序文より)

ミケランジェロ・ブオナローティ
スペイン王 フェリペ二世
アイザック・ニュートン
ジョナサン・スウィフト
ジョン・ハワード
ヘンリー・キャベンディッシュ
トーマス・ジェファーソン
フィンセント・ファン・ゴッホ
エリック・サティ
バートランド・ラッセル
アルバート・アインシュタイン
ベーラ・バルトーク
シュリニヴァーサ・ラマヌジャン
ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン
アルフレッド・キンゼイ
シモーヌ・ヴェイユ
アラン・チューリング
パトリシア・ハイスミス
アンディ・ウォーホル
グレン・グールド

ウィーンの小児科医ハンス・アスペルガーは、高度に知的な人々にとって、自閉的傾向は芸術や科学の分野での成功において非常に重要な要素になる、と考えました。そしてこの症候群の典型的な特徴である強靭な忍耐力、完璧主義、抽象的思考力の高さ、また、社会の決まりごとに無頓着で、他人の意見に無関心でいられることのどれもが、強みになるばかりか、むしろある種の新しい思考や創造性を発揮する際の必要条件でもあると信じていました。……この障害に悩む人々が、自分と同じような問題を抱えながらも、すばらしい能力を発揮できた過去の人々の伝記を読み、勇気と励ましを得てくださることを私は期待しています。(序文より)